*

彼のためにクッキーをゆっくり食べて置き換えダイエット

大学入学当時、私は52キロくらいあった。身長は151センチなので、ぽちゃっとしていたに違いない。

私は朝夕食付の下宿に住んでいたのだが、この食事がものすごい量なのである。夕食は焼き魚とカツ煮、ほかに副菜といった様子で、なぜか主菜が2品つくのである。これは下宿のオーナーが、たとえ昼食が食べられなくてもひもじい思いをしないようにと考えてのことらしい。私以外はサラリーマンや土方のお兄ちゃんが多く、食事量は彼らを満足させる量があり、私のような普通の女子大生にはカロリーオーバーも甚だしかった。

入学からしばらくたつと、生活にリズムもついてきて友人も増えていった。そんな中人生最大のモテ期が到来したのである!私に告白してきた彼は身長183センチ60キロの超イケメンだった。私は彼に見合う女になりたいと思い、夕食は積極的に残して、昼食を置き換えダイエットにした。置き換えるのはクッキー型のもので一食3枚。周りの友人が学食でモリモリ食べている横で、私は水分でお腹を膨らましながらクッキーをゆっくりゆっくり噛んで食べていた。その結果2キロくらいは痩せたのだが、そもそも彼はちょいぽちゃが好きなようで、ダイエットしなくていいよと言われ、それも2か月ほどで終了。今では考えられないけれど、必死に女を磨こうとしていた私はほほえましくもあるなぁと思い返すのだった。

酵素飲料お試しセット