*

バイク

バイクのようなスリル

「スプレッド」とはFX取引は外貨を売買の注文をして儲けを生み出す投資です。

取引の値は、常に上がったり下がったりします。

 

それが為替市場です。

 

インターネットを見ていると外貨の市場のニュースが流れます。

 

よく見るのが「本日のドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売買されているという事ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを意味しています。

 

別の表現をすると取引には、買値と売値の2個の値段が存在する事を示しています。

 

売値、買値の事を別の言い方で示している取引会社もあります。

 

平常時には売値が安い価格になるものです。

 

買うときには高く、売るときには安くなっています。

 

この差をスプレッドといいFX取引会社の儲けのひとつといわれています。

 

スプレッドの狭さはFX業者によって変化します。

 

スプレッドは自分にとって出費になるので小さい取引会社を選択するほうが儲けられます。

 

ただし、同じ会社でも局面によってはスプレッド幅は拡大したり、縮小したりします。

 

例えばいつもはドルと円のペアで1銭のスプレッドだとしても、レートの上下動がかなり激しい場面では3銭、4銭になったりするのです。

 

ですから、スプレッドが低いのと同じく、変化しないということが大事です。

 

今では動かないスプレッドの狭さを表示するFX業者もいくつも存在します。

 

現実にFX取引会社の取引画面で現実の為替相場を見なければ見分けられないのでわずらわしいですがとても大切なことです。

 

多くの資金を投じて取引するのだから、実際のトレードの前に心惹かれた会社の新しい口座開設を全てして、スプレッド幅を見ておきましょう。

 

同じ通貨の組合せ為替の変動率によって、通貨ペアのスプレッドの差は異なります。

 

普通は、インターバンク市場で取引高が多い通貨ではスプレッドが狭く、あとの通貨ペアではスプレッド幅が広くなるのが普通です。

 


テスト

テスト記事です。